2016年12月16日

冬の寒い日はコーヒー? それともココア?

IMG_0206.jpg

12月ももう半ば。ずいぶん寒くなりました。

そんなとき恋しくなるのがホットドリンク。
さっそくコンビニに向かいます。

IMG_0181.jpg

授業時間なのでちょっと空いていますね。
休み時間は行列ができるので今がチャンス!

IMG_0182.jpg

冬の寒い日はコーヒー?それともココア?

IMG_0210.jpg

今日はコーヒーです。ついでにチョコも買いました。
カラダもココロも温めて、残りの授業もがんばるぞ!

AM
posted by Obeikun at 14:05| 埼玉 ☔| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

Christmas Music (Part 2)

Hjo14qVdBTbtazuBlRx0.jpg


[See the former article "Christmas Music Part 1" !]

Alternative versions of familiar Christmas songs, in particular instrumental versions, would also be welcome. My own particular favorite in this vein is The New Possibility: John Fahey’s Guitar Soli Christmas Album, an example of so-called American Primitive guitar, a kind of fingerstyle guitar playing pioneered by John Fahey that blended forms of folk tradition, Indian raga, Japanese koto, country / blues music, etc.

Listening to John Fahey play well-known Christmas songs (and some not so well-known) is to hear them as if they were new, as if one was hearing them for the first time: arresting, dignified, majestic. These songs would certainly make shoppers stop in their tracks to listen, be moved, and to forget about shopping for a few minutes (at least).

Finally, I would suggest one of the late Vince Guaraldi’s seasonal albums of music for the Peanuts animated films for television, based on the characters of Charles Schultz’s famous comic strip of the same name−A Charlie Brown Christmas by the Vince Guaraldi Trio, for instance. Guaraldi’s jazz compositions swing and convey both happiness and sadness at the same time, the bittersweetness of life.

One can’t help feel a little more cheerful, more nonchalant, listening to such tracks as “Christmas Time is Here,” and to be struck by the differences in the instrumental version of the song and the version in which the lyrics are sung by children. The music strikes a deeper chord that the usual shopping music does, and makes one a little more thoughtful at the end of the year as Christmas slips away and the New Year beckons.

The New Possibility: John Fahey’s Guitar Soli Christmas Album:
https://www.youtube.com/watch?v=4fw5WXJh01c&list=PLKiEBsOXrNf4Gk_puDBafCP0RvmU06WeZ

The Vince Guaraldi Trio: “Christmas Time is Here” (instrumental):
https://www.youtube.com/watch?v=YvI_FNrczzQ

The Vince Guaraldio Trio: “Christmas Time is Here” (vocal):
https://www.youtube.com/watch?v=4PzetPqepXA

(KA)
#クリスマスソング #Christmas music
posted by Obeikun at 16:22| 埼玉 ☔| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

Christmas Music (Part 1)

Hjo14qVdBTbtazuBlRx0.jpg

In the U.S., well before Christmas Day, shopgoers are incessantly bombarded with the same old tired Christmas songs that have been played for years by retailers at Christmas time to induce customers to buy more presents: “Rudolph the Red-Nosed Reindeer,” “Frosty the Snowman,” “Santa Claus is Coming Tonight,” “Jingle Bells,” etc.

A friend of mine who works at a Michaels store (holiday decorations, gift cards, crafts and hobbies, etc.) in New Jersey says the constant din of Christmas music being played in the workplace every day drives her crazy. If Christmas music must be played, can’t it be a different kind of music than the same hoary old chestnuts that are played in stores every year? I would like to offer three examples of the kinds of Christmas music that I (and many others) would prefer to listen to.

Traditional songs like “Gaudete” would be a welcome change from the usual Christmas fodder. “Gaudete” (which means “rejoice” in Latin) is an old Christmas carol composed in the 16th century or even earlier. Both the melody and the Latin lyrics are thrilling to hear and can give you goosebumps. The a cappella version by the British folk group Steeleye Span is a great version of this carol, although other groups have performed it as well. There are other such haunting traditional songs like this one that could also be used to lift the spirits at Christmas.

Gaudete by Steeleye Span:
https://www.youtube.com/watch?v=lN9AJj9rtlk


To be continued (KA)


#クリスマスソング #Christmas music #Gaudete #Steeleye Span
posted by Obeikun at 16:34| 埼玉 ☔| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧米文化学科もクリスマスカラーに

IMG_0195.jpg


アドベント(前回の記事)に入ると欧米文化学科のフロアもクリスマスの飾り付けをします。


IMG_0188.jpg
教員のオフィスがある8号館2階はクリスマスツリーの森です。

IMG_0194.jpg
エレベータ前の掲示板も。

IMG_0199.jpg

IMG_0198.jpg
かわいいアドベントカレンダー! 先生のオフィスのドアに飾られています。

IMG_0200.jpg
ツリーの足下にはプレゼントが置かれます。


聖学院大学(SEIG)欧米文化学科
AM

#クリスマスツリー #プレゼント #アドベントカレンダー #
posted by Obeikun at 10:49| 埼玉 ☔| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

金曜日はナンサンド!

IMG_4777.jpg
毎週金曜日の楽しみは、キーマハウス(KEEMA HOUSE)のキッチンカーがやってくること。
ここはパキンスタン生まれのご主人アクバルさんと日本人の奥様がやっている
チキンキーマカレーとナンサンドが美味しいお店です。
IMG_4780.jpgIMG_4781.JPG
今日はタンドリーチキンサンドに挑戦しましたが、もちろんこれも間違いなし!
IMG_4784.jpg
お二人とおしゃべりしながらいただくナンとチャイやラッシーは異文化の香りがします。
posted by Obeikun at 14:35| 埼玉 ☔| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Christmas Advent Wreath

名称未設定1.jpg

The four Sundays before Christmas Day, December 25th, are called Advent (アドベント; キリストの待降節). The word “advent” is from the Latin for “coming” or “arrival,” used by Christians to indicate the coming of Jesus Christ (イエス・キリスト). The first Sunday of Advent is focused on hope, the second on peace, the third on joy, and the fourth on love.
One of the candles in the wreath (リース) is lit each Sunday of Advent until Christmas Eve or Christmas Day, when the white one in the middle is lit. The traditional color of Advent is purple, so three of the candles are that color. However, the candle lit on the third Sunday of Advent is pink, which is the color of joy and rejoicing. It symbolizes the great joy that Christ brought into the world, which is celebrated in the popular Christmas song, “Joy to the World!” (「もろびとこぞりて」). White is the color of purity, so the candle in the center of the wreath represents the pure and sinless Jesus Christ Himself.
So whenever you see a Christmas Advent wreath, please remember that it’s a symbol of the hope, peace, joy, and love that Jesus Christ brought the world.

 12月25日のクリスマス前の4週間のことをアドベント(待降節)といいます。「アドベント」という言葉は「来ること」や「到着」を意味するラテン語に由来します。クリスチャンはイエス・キリストが「来る(誕生する)」ことを指してこの言葉を使っています。

 とくに最初の日曜日は「希望」の日曜日とされます。第二週は「平和」の、第三は「喜び」の、そして第四週は「愛」の日曜日と呼ばれます。

 クリスマスリースのロウソクは日曜日ごとに一本ずつ火をつけていきます。そしてクリスマス・イブまたはクリスマス当日に最後のリース中央にある白いロウソクが灯されます。

 リースに立てられたロウソクのうち三本は紫色です。これはアドベントの期間が伝統的に紫色で表現されるからです。ただしアドベント第三週の日曜日に灯されるロウソクはピンク色です。これは「喜び」「歓喜」を意味する色で、キリストがこの世にお生まれになったという大きな喜びを象徴しています。有名な『もろびとこぞりて』というクリスマスソングはまさにこの喜びを歌っています。

 そして白は「純潔」の色です。リースの中央に立てられた白いロウソクは、イエス・キリストご自身の純潔さ、罪のないことを表現しています。

 アドベントの期間に飾られるクリスマスリースを見かけたら、イエス・キリストが希望、平和、喜び、そして愛を世界にもたらしたことをぜひ思い出してください。
(AM訳)

#Christmas #クリスマス #wreath #クリスマスリース #リース #アドベント
posted by Obeikun at 10:11| 埼玉 ☔| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

JR車内-英語の生アナウンスに遭遇

聖学院大学の学生の多くはJR宮原駅を利用しています。
ここでは湘南新宿ライン、上野東京ラインの2種類の電車があるため、
慌てて乗るとどちらかなと迷うこともしばしばです。
そんな時、大宮駅直前の車内アナウンスを聞いて確認します。
そのアナウンスに今年の夏頃から、
録音ではない英語の生アナウンスが入ることがあります。
最近、それがネットで話題になっています。
男性の車掌さんですが、なかなか流暢。
いろんな人が録音していますのでネットで聞くことができます。
遅れたりちょっとしたトラブルの時も英語で説明しているようですから、
英語がよく出来る方なのでしょう。
先日は飛行機のCAさんより上手だねという声が車内から
聞こえてきました。
もし、この車掌さんの電車に乗った時は、ぜひ耳をすましてみてください。

このYouTubeはちょうど宮原駅から大宮駅に向かうところから始まっています。
どうぞご覧ください。

#JR車内アナウンス
posted by Obeikun at 15:00| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする