2018年02月14日

グローバルキャンプ2018


IMG_2811.jpg
今日は聖学院大学グローバルキャンプの様子です。
英会話学校イーオンとの提携による5日間の英会話プログラムです。

IMG_2816.jpg
今日は2日目。グループに分かれて今日の目標達成を目指します。

IMG_2818.jpg
ゴールは土曜日に行われる英語での「ファイナルプレゼンテーション」です。それを目指して準備を進めることによって英語力が鍛えられていく、そのようなプログラムになっています。
posted by Obeikun at 23:06| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

個人研究助成金2017年度秋学期

IMG_0697.JPG
今日は欧米文化学科の「個人研究助成金」授与式が行われました。

欧米文化学科では、学生たちの自律的な研究活動を支援するための助成金を用意しています。学生たちが自ら研究テーマを設定し、半年間の研究計画を立てて応募します。今回は3名の学生が選ばれました。

IMG_0698.JPG
IMG_0705.JPG
IMG_0708.JPG

彼らのテーマは「アメリカン・ニューシネマにおける自由と破滅」「G.オーウェルと全体主義の問題」「レヴィ・ストロースとヴィトゲンシュタイン」。これからじっくり問題を深く絞り込み、追究してください! 半年後の研究報告を楽しみにしています。
posted by Obeikun at 16:50| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

聖学院大学 欧米文化学科「ヴェリタス祭展示」(2017年11月3日・4日)がはじまります!

image_6483441.JPG
明日(11月3日)から聖学院大学の学園祭「ヴェリタス祭」が始まります。
欧米文化学科も「ヴェリタス祭展示」を行います。場所は4305教室です(4号館3階)。
今年のテーマは「聖学院をドイツにしちゃおう!」です。

展示のために欧米文化学科の学生がポスターを作ってくれました。すごい!!
みなさん、ぜひヴェリタス祭へ、そして欧米文化学科「ヴェリタス祭展示」(4305教室)までお越しください!
posted by Obeikun at 21:31| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

欧米文化グローバルキャンプ4日目

IMG_5167.JPG欧米文化グローバルキャンプも4日目を迎えています。
参加している学生は始まる1時間前から集まり復習をしています。
明らかに3日目から、自信とやる気がみなぎっています。
明日の最終プレゼーテーションに向かい、準備も着々と進んでいます。
聖学院大学と英会話イーオンとの初コラボ
大学とイーオンがお互いの経験と英知を結集したグローバルキャンプは、学生たちを着実に成長させているようです 。IMG_5164.JPG

Facebookもぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/seigakuin.oubei

毎日新聞にも欧米文化グローバルキャンプが紹介されました。
http://mainichi.jp/select/biz/pressrelease/archive/2017/02/09/20287.html
posted by Obeikun at 11:45| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

異文化コミュニケーションをテーマに「グローバルキャンプ」を開講─欧米文化学科と英会話イーオンが産学連携

聖学院大学は、2017年2月13日(月)〜17日(金)に、人文学部欧米文化学科と株式会社イーオンとコラボレーションし「欧米文化グローバルキャンプ」を開催します。

「欧米文化グローバルキャンプ」を開講─人文学部欧米文化学科と株式会社イーオンがコラボレーション

 聖学院大学(埼玉県上尾市/学長:清水正之)は、2017年2月13日(月)〜17日(金)に、人文学部欧米文化学科と株式会社イーオン(東京都新宿区/代表取締役:三宅義和)とコラボレーションし「欧米文化グローバルキャンプ」を開催します。このキャンプは欧米文化学科の学生を対象とし、グローバル人材の育成を目的に、異文化コミュニケーションや協働体験を通して、学生の自主性・自己肯定感の向上、さらに英語の総合力向上を目指します。

欧米文化グローバルキャンプのポイント
1.異文化コミュニケーションの研究実績を持つ聖学院大学教授陣と英語学習指導のスペシャリストとして国内で高い評価を持つイーオン教師陣がチームとして連携し、"グローバルキャンプ"を展開します。
2.プログラムは「 Food 」「 Travel 」「 Entertainment 」の3つのテーマを設定しオールイングリッシュで行います。毎日、ホームワークとして課題が出され、帰宅後も英語漬けの日々となる"グローバルキャンプ"になります。
3.最終日に参加学生による「観光大使としてその場所を英語で紹介するグループポスタープレゼンテーション」を予定しています。プレゼンテーションのための過程を通して、2020年東京オリンピック開催を視野に入れた真のグローバル人材を育成します。

概要

聖学院大学欧米文化学科・英会話イーオン「欧米文化グローバルキャンプ」
h日 時 2017年2月13日(月)〜17日(金) 10:40〜16:10
大学キャンパス内での日帰りキャンプです。
h会 場 聖学院大学(上尾市戸崎1−1)
h対 象 欧米文化学科 在学生
h受講料 3,000円

各日にそれぞれ、「 Food 」「 Travel 」「 Entertainment 」の3つのテーマを設定。
初日に見本として、教師が「 Food 」「 Travel 」「 Entertainment 」を全て含めた内容のプレゼンを実施します。
最終日にグループで、同様の発表(ポスタープレゼンテーション)を行います。

グループプレゼンテーションは、各グループが予め与えられたお題の中から好きなものを選択し、また、「観光大使としてその場所を紹介する」など状況を設定します。
h日本または日本のとある場所・モノ・コトについて紹介する
h海外のとある場所・モノ・コトについて紹介する
※プレゼンテーションは「 Food 」「 Travel 」「 Entertainment 」のどれか(または全て)をカバーしつつ、日本と海外の違う点も提示する。

≪聖学院大学 概要≫
h【住所】埼玉県上尾市戸崎1番1号
h【学長】清水 正之(しみず まさゆき)
h【設立】1988年設立
h【学部・学科】政治経済学部(政治経済学科)、人文学部(欧米文化/日本文化学科)、
人間福祉学部(児童/こども心理/人間福祉学科)の3学部6学科を設置
h【ホームページ】http://www.seigakuin.jp

≪株式会社イーオン 概要≫
h【住所】東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル16階
h【代表】三宅 義和(みやけ よしかず)
h【創立】1973年5月
h【事業内容】全国主要都市250校の英会話学校運営、語学教材の制作及び販売、
インターネット・電話による語学教育
h【事業エリア】全国47都道府県250校
h【ホームページ】http://www.aeonet.co.jp

取材のお申し込み、お問い合わせは下記へお願いします。

聖学院大学 広報部 広報課
電話(ダイヤルイン) 048-780-1707
e-mail pr@seig.ac.jp  ホームページ http://www.seigakuin.jp


関連情報はこちら
h 欧米文化学科HP
h 株式会社イーオンHP

#産学連携 #英会話イーオン #欧米文化学科 #グローバルキャンプ
posted by Obeikun at 12:49| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

最後の模擬授業はアナログで

IMG_5072.JPG
今日は秋学期の最終日、明日からは補講期間になります。
3年生の英語科教授法の授業もこれが最後。
この授業ではICTを活用した模擬授業に何度も挑戦しましたが、
最終回は黒板を使った模擬授業で締めくくりました。
IMG_5052.JPG
タブレットを自由に使った授業から、全くのアナログ式授業を行うためには
フラッシュカードから、すべて手作りです。
欧米文化学科では学生たちがいろいろなパターンの英語授業に対応できるように
育てています。
IMG_0152.JPG
これから春休みが始まりますが、4月になると4年生はすぐに教育実習です。
学生たちは実習を考えると今から緊張してしまうそうです。

#教育実習 #ICT #模擬授業
posted by Obeikun at 23:57| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

小学校英語の現場から

IMG_5017.JPG
IMG_5019.JPG
欧米文化学科の学生は中高の英語教員を目指していますが、小学校英語についても学んでいます。
今日は児童学科の第1期生で現職の小学校教諭の先輩が後輩たちに話をしてくれました。
ALTとの授業の様子や小学校英語の現状、教師としての思い、学生時代の思い出、
教員採用試験対策までたっぷりと語ってくれました。
教室には欧米文化学科の学生だけでなく、児童学科の学生もたくさん集まり立ち見が出るほどでした。
教師を目指す学生たちにはたくさんの収穫があったようです。
IMG_5006.JPGIMG_5015.JPG
#小学校英語、#児童学科 #欧米文化学科 #教員採用試験対策
posted by Obeikun at 14:33| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

映画『さざなみ』アフタートーク・イベントのお知らせ

201612Sznm01.jpg

聖学院大学欧米文化学科の氏家理恵(うじいえりえ)先生による映画解説のイベントが開催されます。

作品:アンドリュー・ヘイ監督『さざなみ』(英 2015年)
日時:12月25日(日)14:00の回終了後
場所:彩の国さいたま芸術劇場映像ホール

2016Sznm02.jpg

20161217105655267_0001.jpg

場所と映画の詳細はこちら
http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/3724

AM
#氏家理恵 #さざなみ #彩の国さいたま芸術劇場 #アンドリュー・ヘイ #映画
posted by Obeikun at 14:30| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

12月17日小学校英語指導者養成講座本日締切です!

IMG_3749.JPG
第16回聖学院大学小学校英語指導者養成講座(12月17日)は本日締切です。
今回も全国からたくさんのお申し込みをいただいております。
土曜日の午後、クリスマスのデコレーションが美しい聖学院大学で
充実した時間をお過ごしください。

こちらからお申し込みください。⇩
http://www.seigakuin.jp/index.php/events/ll_learn/j_english/

#小学校英語 #小学校英語養成講座 
posted by Obeikun at 10:56| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

模擬授業には先輩が生徒役で参加

IMG_4786.JPG
欧米文化学科では中高の英語教員免許状が取れます。
英語科教授法では、3年生が来春の教育実習を前に
ICTを活用した授業から様々な場面を想定して模擬授業を行っています。
今週からは4年生が生徒役で参加しての模擬授業です。
これは欧米文化学科の伝統で、毎年4年生が後輩を鍛えて卒業してくれます。
彼らも1年前はハラハラさせられましたが、逞しくなったものです。
4月からは生徒思いの素敵な英語の先生になってくれるでしょう。
IMG_4791.JPGIMG_4792.JPG

#教育実習 #模擬授業 #欧米文化学科 #英語科教授法 #教員免許状 #英語の先生
posted by Obeikun at 10:34| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

「グローバル化時代の教養とは何か」2017年1月18日 村上陽一郎先生特別講演会

2017年1月18日、欧米文化学科特別講演会があります。
講師は東京大学・国際基督教大学名誉教授 村上陽一郎先生
「グローバル化時代の教養とは何か」
場所:聖学院大学チャペル 
日時:2017年1月18日(水)10:40〜12:10
入場無料  どなたでもご入場いただけます。
講演会チラシ1
#村上陽一郎 #講演会 
posted by Obeikun at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

小学校英語指導者養成講座(12月17日分)受付中

16年目を迎えた小学校英語指導者養成講座
本年度3回目の講座は12月17日(土)です。
毎回、東北から九州までたくさんの小学校の先生方、民間の指導者の方、
小学校英語に関心のある皆様にご参加いただいている大好評の講座です。
今回は聖学院小学校のJustin Nightingale先生、Brian Byrd先生、藤原真知子先生がICT教材の活用やCLILの実践を紹介します。
昨年は、Brian先生の素敵なバイオリン演奏がありました。
ブライアン.JPG
今年も何かが起こりそうです。ぜひご参加ください。お待ちしております。

現在受付中です。↓こちらからどうぞ。
http://www.seigakuin.jp/events/16j_english/
小学校英語指導者養成講座.jpg
posted by Obeikun at 14:12| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

欧米文化学科で留学しない?

欧米文化学科の留学3つのメリット

留学先の学費が無料!
留学までの徹底したサポート!
1年間留学しても4年で卒業!

聖学院大学はアメリカに5つの提携校があります。どれも歴史ある名門私立大学です。
欧米文化学科から留学すれば
一般的に350万円以上と言われるアメリカの私立大学の1年間の学費が無料です。
各種奨学金も充実しています。
最近はこの留学を実現するために欧米文化学科を目指す学生も増えています。
新しいパンフレットやチラシもできました。
ぜひ、入学相談会や説明会にお越しください。
資料のご請求、ご相談やお問い合わせはこちらから⇩
             http://www.seigakuin.jp

FullSizeRender.jpg1
FullSizeRender.jpg2
posted by Obeikun at 18:53| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

欧米文化学科 コース選択説明会



 5月20日の基礎ゼミの時間に1年生対象のコース選択説明会が行なわれました。欧米文化学科では、今年度の新入生から「グローバル文化コース」「グローバル・コミュニケーションコース」の二つのコースを選択できるようになりました。興味がある分野の学びをより深めることができるよう、コースごとの到達目標を明確にし、各コースの指導必修科目を提示しました。
 コース選択申込締め切りは6月3日(水)です。4年間どのような勉強をしたいのか、まだはっきりしない人は欧米文化学科の先生の研究室を訪問し、専門分野の研究について話を聞いてみるといいでしょう。週1回のオフィスアワーであれば、事前のアポイントメントなしでも先生と面談ができますよ。
posted by Obeikun at 12:11| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

NSO(ニュー・スチューデント・オリエンテーション)

 今日は欧米文化学科のNSO、新入生オリエンテーションでした。午前中、最初のプログラムはチャペルでの開会礼拝。讃美歌や聖書の朗読にも少し慣れてきたでしょうか。その後、教室に移動し、学科のオリエンテーションがありました。欧米文化学科の一年、学科の取り組み、語学研修・海外留学、奨学金の説明がありました。お昼ご飯はアドバイザーグループごとに懇談をしながら、おいしくいただきました。自己紹介を通して、グループのメンバーと親しくなれたでしょうか。
 8日から授業開始です。まず1105教室で時間割返却、その後7201教室で基礎ゼミの初回の授業です。いよいよ新学期がスタートです!!

NSO 2.jpg NSO 3.jpg

サベット先生の留学ガイダンス  バーガー先生のアドバイザーグループ

posted by Obeikun at 21:36| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

履修指導

4月3日、新入生対象の履修指導、履修相談、教職ガイダンスそして留学生ガイダンスが行われました。新しいことが多すぎて大変かもしれませんが、6日のNSO(ニュー・スチューデント・オリエンテーション)でも学科のガイダンスがありますので、わからないことがあったら学科の先生や先輩に何でも質問してくださいね!
6日は9時55分までにチャペル入り口で受付を済ませましょう。お昼は学科のアドバイザーグループごとにお弁当を食べます。今回はお弁当と一緒に飲み物もあるそうです!!


         教職ガイダンス.jpg
          中高教職ガイダンスの様子
posted by Obeikun at 11:21| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

卒業式

今日は聖学院大学の卒業式でした。欧米文化学科の波多栄美さんが卒業生代表の言葉を述べました。1年間の提携校留学を通して、人としてどう生きていくかを深く考えたという波多さん。多くの人の心に響くスピーチでした。少し長くなりますが、卒業生代表の言葉、全文をご紹介します。

 年々気候が変化する中でも、ふと木に目をやると、木々に小さな花が顔を出し、冷たい風がそれを起こすような季節となって参りました。本日は、特に新たな風が吹いているように感じます。
 4年間の歩みは人それぞれ異なりますが、一人だけの力では到底歩み得ない大学生活であったことは皆同じだと思います。様々な方との関わりの中で、それぞれが多くのことを学んだのではないでしょうか。
 私は、欧米文化学科で児童英語教育を中心に学ぶ一方、語学力を高め、異文化を学びながら留学に備えました。提携校留学の機会を与えられたオグルソープ大学では専門的な学問を学びつつ、アメリカ社会における人種の多様性の中に人間の秩序を見、その中で共存していく力を養いました。多様なバックグランドやアイデンティティを持つ人々とどのように「生きて」ゆくのか。考える大きなきっかけとなったのは、ハリケーンカトリーナから9年が経ち、未だに傷跡が残るニューオリンズのアフタースクールで、親の代わりに夕方まで子ども達の宿題をみたり、遊んだりするボランティアをした時でした。そこで、私は4才くらいの男の子に出会いました。貧しい地域で暮らす彼の瞳の中に、偏見をものともしないまっすぐな生きるチカラを感じました。それにひきかえ、彼の瞳に映る私は、人種やバックグランドなどの違いを気にする曲がった物差しを持った人間であることに直面しました。私は留学を通して、改めて学問の「原点」に立たされ、また人生の「原点」に立たされた気がしました。
 人は一人の力では生きていけません。ゆえに、尊ばれない命はないのです。尊ぶという行為には、バックグランド、文化、人種、年齢や性別の違いなどは全く含まれません。しかし、現代この日本や世界で起こっている出来事はどうでしょうか。人の命を軽んじるような事件、東日本大震災から4年が経った今も復興が遅れている現実。また平和憲法が危うくなるような政治の動き、ISISによる理性を失ったテロ活動。自分とは異なる人への痛みや共感が失われつつあり、生きることや命を重んじることを忘れた人間の頼りない姿を見ることが多くなっていることを危惧しています。しかし、このような時代であるからこそ、私たちは4年間学び歩んだ聖学院大学のモットーである「神を仰ぎ、人に仕う」という原点に戻る意義があると思います。このモットーは、聖書のマタイの福音書22章にある「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ」、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という主の戒めが基となっています。家族にしても、学校にしても、会社にしても、国にしても、どんな組織体であっても、今がこの原点に立ち返り、この戒めを真摯に受け止める時期であると私は思えてなりません。
 2011年、東日本大震災が起こり、日本がこの先どのようになるのかという時に私たちは聖学院大学に入学し、2015年、世界がこれからどのようになるのか先が見えない不安が渦巻く時に私たちはこの大学を卒業します。未来への希望がかすむ社会の中にあっても、完全な義なる神は常に変わらぬ愛と平和をもって、私たちに真の希望と理想を照らし続ける偉大な存在だということを覚え、変化するこの世の中の動きを理をもって見、また忍耐をもって主のみこころを追求していきたいです。私は未熟でありますが、これから人生を歩み出す子ども達に真の生きるチカラを伝える先生として歩み、また追求し続けたいと思います。各々新しい道に進みますが、それぞれが知識を生かし、聖学院大学でしか学び得なかったもの、義なる神を仰ぎ人を尊ぶ心を持ちつつ、明日からの一日一日を人に仕え、生きていきたいと心から願います。
 最後に、真の生きる道に学生一同を導き続けて下さった阿久戸理事長、姜尚中学長をはじめ、先生方の尊いご指導、陰で支えて下さった職員の皆様一人一人の熱心なお働きに心から感謝申します。そして、今日まで温かく育ててくれた両親と家族、また学生生活を共に過ごしたかけがいのない友人にも、ありがとうございますという感謝の気持ちでいっぱいです。これからの聖学院大学のより一層の発展を祈りつつ、卒業生の言葉とさせていただきます。
    2015年3月14日 卒業生代表 人文学部欧米文化学科 波多栄美

      卒業生代表の言葉1.JPG 卒業生代表の言葉2.JPG
posted by Obeikun at 23:23| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

2/21, 22 入試相談会が開催されます!!

2月も中旬となり、受験シーズンも中盤戦ですね。
受験生の皆さん、風邪を引かないよう、最後まで頑張ってください!
今週末は聖学院大学の入試相談会が開催されます。
高校1〜2年生の参加も大歓迎です。

2月21日(土)大学キャンパスにて
  10:00〜15:00 学科の個別相談、入試説明、キャンパスツアーなど
          (予約不要)

2月22日(日)パレスホテル大宮 3F銀杏の間にて
  14:00〜16:00 欧米文化学科主催の相談会です!
            在校生による提携校留学の体験談
            ネイティブの先生による体験レッスン 
           ※要予約申込 ⇒ 予約申込フォーム

ご来場をお待ちしています!!
  
posted by Obeikun at 07:40| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

第10回 高校生スピーチコンテスト 報告

第10回 高校生スピーチコンテスト 報告
11月15日(土)に行われた高校生スピーチコンテストでは、たくさんの素晴らしい発表を聞かせていただきました。出場者の皆さん、引率の先生方、応援に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。コンテストの詳細については http://www.seigakuin.jp/news/seig/141115speech/ をご覧ください!
スピーチコンテスト終了後には、欧米文化学科の学生による英語での留学報告も行われました。その後の茶話会では、欧米文化学科の学生が司会進行を務めました。茶話会では、お茶やお菓子をいただきながら、今回のコンテストのテーマでもある、高校生の“夢 –Ambition- ”について語り合いました。コンテスト終了後、引率の高校の先生から以下のようなメールをいただきましたので、ご紹介します。

「聖学院大のスピーチコンテストに生徒を送るのは2回目です。茶話会や学生さんとの交流があるため、とてもアットホームな雰囲気を感じる大会だと思います。今年は特に学生さんたちのアメリカ留学プレゼンテーションがすばらしかったです。1年足らずの留学であれほどの自信と英語力が身についているのを見て驚きました。茶話会でその学生さんと話しましたが、お二人ともambitionに満ちあふれているようで、とても眩しく見えました。」

とてもうれしいお言葉をいただき、スタッフ一同勇気づけられました。ありがとうございます!そして、来年度も皆さんに満足いただけるスピーチコンテストを開催できるよう、暗誦部門の題材を探し始めたいと思います。

高校生スピコン .jpg スピコン留学報告2.jpg スピコン茶話会.jpg
posted by Obeikun at 10:56| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

3年生対象 キャリアガイダンス

7月16日(水)に欧米文化学科主催のキャリア・ガイダンスが行われました。
ガイダンスでは、キャリアサポートセンターの職員の方が、これから就職活動を始める3年生に就職活動のポイントやキャリアサポートセンターの支援体制について、とてもわかりやすく説明をしてくださいました。
「就職活動は自分のことを伝えることである」という言葉がとても印象的でした。
そして、自分を知るために「どのように誰の役に立ちたいのか」「子供の頃、得意だったことは何か」「人にほめられてうれしかったことは何か」「3年後の自分はどうなっているか」「どんな社会人になりたいか」などを自分に問いかけてみよう、というアドバイスをいただきました。キャリアサポートセンターでは、学生がこのようなことに気づき、考える手伝いを親身になってやってくださっています。聖学院大学のキャリアサポートは学生一人ひとりと向かい合い、しっかりした支援体制が整っています。
このキャリア・ガイダンスは、来年3月の就職活動解禁に向けて、学生たちが自分探し、企業研究を始めるとてもよい機会になったことと思います。
キャリアサポートセンターの職員のみなさん、これからもどうぞよろしくお願いします!

   キャリアガイダンス2.jpg        キャリアガイダンス1.jpg


posted by Obeikun at 18:47| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする