2016年12月31日

“Anybody can be anything!” 合同ゼミ 映画『Zootopia』鑑賞会(続き)

IMG_0126.jpg
(2日目)

合同ゼミ『Zootopia』鑑賞会の報告に引き続き、鑑賞会に参加した氏家・島田・畠山ゼミの学生たちのコメントの一部を紹介します。

「「誰もが何にでもなれる」と「自分以外になれない」。夢見るウサギのジュディとニヒルなニックの対照がよく描かれていますね。…多様性の望むジュディでさえも先入観を持つなんて…。「xxされた側がxxしていく」という行動には恐ろしさを感じます。…ヒツジどころかナマケモノの先入観崩しには驚きました。ナマケモノ…うそぉ…と意表を突かれました。」

「多様性を動物で表現することによって、差別問題がかなり印象的に描かれていることに驚いた。ディズニーの映画は子ども向けという印象だが、その概念を覆す映画だった。また、動物で多様性を表現する他に、今まで植えつけられたイメージ(例:オオカミ=怖い、ヒツジ=おとなしい、など)を逆転させた役作りだった。」

「善意の先入観でも、悪意がある先入観でも、された人々に不快な気持ちを与えてしまうかもしれない。たまに自分自身も、先入観をもって他の人に接していることがある。自分の心の中に、善意を持っていてもいつの間にか相手を傷つけてしまうことになるかもしれない。」

「ジュディが肉食動物は狂暴だと決めつけていたが、花の毒で狂暴になったと分かり、自分の考えを見つめ直し、後悔してきちんと謝っていたのが、大切なことだと思いました。誰でも過ちを犯す可能性があり、でもその過ちに自分で気づき、見つめ直す必要があると思いました。」

「この映画はアメリカの黒人差別のことを描いていると思う。現代では差別がないと思っても、実は歴史から影響がある。互いが理解しようとすれば、もっと良くなる。そして、それは、あなた、私、みんなから始まるのだ。」
posted by Obeikun at 19:40| 埼玉 ☔| 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

“Anybody can be anything!” 合同ゼミ 映画『Zootopia』鑑賞会

IMG_0120.jpg
(1日目)

12月21日に氏家・島田・畠山合同ゼミで、映画『Zootopia』を鑑賞しました。

『Zootopia』は2016年公開のディズニーのアニメ映画で、登場するのはすべて動物。体力自慢のマッチョな動物たちに交じって、警察官になる夢を叶えたうさぎのジュディが奮闘する物語です。とても楽しく可愛らしい映画で、上映中に何度も学生たちから大笑いの声が出ました。

でも、この映画、楽しいだけではなくて、たくさんの深い意味が込められています。

映画史がご専門でディズニー映画にも詳しい畠山宗明先生からは、最近のディズニー映画が楽しさを保ちながらも社会の多様性(“みんな違って、みんないい”)を描こうとしている、との解説がありました。なるほど、大きさや形も違うさまざまな動物が一緒に生活しているのを見ると、違っていることがとても自然のことと感じられますね。また、主人公のジュディ(うさぎ)とニック(きつね)がドタバタしながら協力して事件を解決していく姿は、ハリウッドの“バディもの”(2人組警察官のコンビなど)の影響が見られる、とのことです。

英文学がご専門の氏家理恵先生からは、文学の視点からの解説がありました。

登場する動物たちは、周囲の動物たちからの先入観(決めつけ)にイラついたり傷ついたりしています。「うさぎはかわいいけれどおバカさん」「きつねはずる賢くて信用できない」「ひつじは善良でおとなしいけれど自分では何もできない」「おおかみは狂暴でおそろしい」等々。『イソップ物語』以来、多くの物語で積み重ねられてきたイメージですが、『Zootopia』では登場する動物たちはこの“決めつけ”をひっくり返していきます。

文学的に言うと『Zootopia』は物語全体が「寓意(ぐうい)」となっているそうです。動物の物語を見ても、観客はそれを動物の物語としてではなく、自分たち自身の、人間の物語として見ている、つまりたとえ話として見ている、ということです。

ちなみに『Zootopia』というタイトルは、Zoo(動物園)+Utopiaの造語です。Utopiaとは、16世紀を中心に活躍したトマス・モアという英国の著述家の著作のタイトルであり、「理想の場所、あってほしい世界」を表す言葉です。アメリカ大衆文化史にも詳しい畠山先生によると、アメリカ人の自意識の中ではUtopiaとはアメリカそのものであるのだとか。タイトルにも何重ものひねりが入っているのですね。

皆さんもぜひ、冬休みのこの時期に『Zootopia』を観てみませんか。

♯ゼミ ♯ズートピア ♯Zootopia
posted by Obeikun at 23:31| 埼玉 ☔| 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

異文化コミュニケーション実習

 今年度新しく開講された欧米文化学科の専門科目「異文化コミュニケーション実習」は、批評的な観察力と世界的な視野を持ち、国籍やバックグラウンドの違う他者と共生できる知識とスキルを身に付けることを目的としています。欧米文化学科の教員のオムニバス形式で進められる授業では、ゲストスピーカーをお招きして体験談を聞く時間もあります。
 この日の授業のテーマは「文化適合」。欧米文化学科4年生のカショウエイさん(中国福建省出身)に、8年間の留学生活について話していただきました。この授業を履修している留学生やこの日授業を担当した教員のカルチャーショックの体験もシェアしながら、ショールズ(2013) が唱える異文化の環境に対する「抵抗」「受容」「適応」について話し合いました。欧米文化学科の学生のdiversity(多様性)を象徴するようなおもしろい議論が展開されました。

参考文献
Shaules, J. (2007). Deep Culture: The Hidden Challenges of Global Living.
Clevedon: Multilingual Matters.[ショールズ, J. (2013). 『深層文化 異文化理解の真の
   課題とは何か』(鳥飼玖美子 監訳 長沼美香子 訳) 大修館書店]

    shoueiE380801-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpgshouei202-thumbnail2[1].jpg
posted by Obeikun at 09:20| 埼玉 ☔| 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

映画『さざなみ』 氏家理恵先生のアフタートークは25日(日)です!

上部フリーエリア画像(131)-2.png
一足お先に彩の国さいたま芸術劇場に『さざなみ』を観に行ってきました(前回記事はこちら)。

結婚45周年パーティを週末に控えた夫婦のもとに、一通の手紙が届き、穏やかな日常にさざなみが立ち始めます。

50年以上前に事故死した元恋人との最後の時間へと一直線に戻っていく夫の心―。まばたき一つで、数十年の人生の重みを表現するシャーロット・ランプリングの演技が素晴らしいです!

晩秋を思わせる静かでやや重い英国の田園風景も、とても美しいです。

英文学と英国文化をご専門とする氏家先生は、どのような解説を聴かせてくださるでしょうか? どうぞお楽しみに!

聖学院大学欧米文化学科の氏家理恵先生によるアフタートークは、12月25日(日)14:00の回の終了後です。

(XYZ)

彩の国さいたま芸術劇場へのアクセスはこちら


posted by Obeikun at 15:08| 埼玉 ☔| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

ゼミのクリスマス会

115AChristmas161220.jpg

3年の英米文学ゼミで、今年最後のゼミの後にクリスマスのお茶会をしました。
クリスマス・プディング(生クリーム添え)にオレンジ・ケーキ、
そしてゼミ生の手作りクッキーをみんなで楽しみました。
もちろん合わせたのはクリスマスブレンドの紅茶です!!

#ゼミ #英文学 #クリスマス会
posted by Obeikun at 08:22| 埼玉 ☔| 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

こんなアプリが!

IMG_4915.JPG
17日の小学校英語指導者養成講座では、
ジャスティン・ナイティンゲール先生より英語の授業で使えるアプリが
紹介されました。これがなかなか面白い!!
タブレットは一人ひとりの児童が持つより、
先生がコミュニケーションをとりながら使用するのが効果的とか。なるほど。
しかし、実際にやるとなるとタイミングが難しそうです。
IMG_4908.JPG

後半にはブライアン・バード先生と藤原真知子先生が
聖学院小学校でのCLILの実践を紹介してくださいました。
IMG_4946.JPG

IMG_4942.JPG


#タブレット #CLIL
posted by Obeikun at 12:25| 埼玉 ☔| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

アメリカ留学 異文化体験記 1

ラグレンジ 2.JPG

留学中の欧米文化学科の学生たちは、毎月1回レポートを提出することになっています。学科ブログでもアメリカ、ラグレンジ大学留学中のキョリンヒ(Julia)さんからのレポートをシリーズでお届けしたいと思います。是非、皆さんも英語で読んでみてください! 
What you have learned or experienced about the local culture.
  Student-teacher relationships in America are not the same as they are in Asia. Asian students often have high regard for their teachers. In China, students never call their teacher by their first name, because it is not respectful to the teacher. I hesitate to ask or to answer questions in class because my English is not good enough to form a clear question. Sometimes when being directly asked questions, unlike American students, who are more creative and can always, give a faster answer than I, I have to take a long time to think the question over, because I am afraid to give the incorrect answer. All these things can lead to misunderstandings, since my teachers may think that I am too shy or abnormal. In addition, I have found that Americans have many relationships, but they are temporary or casual. I always feel lost and lonely because it is difficult to find a good friend to talk to (although I have many friends and they are really friendly). Relationships are always casual here; sometimes no one even seems to care about each other.

9月のレポートでは、アメリカの大学での教員と学生の関係がアジアとは違うことについてレポートしてくれました。アメリカの大学生が授業で積極的に発言する中、英語に自信がないジュリアさんは間違った答えを言ってしまうことを恐れて、消極的になっているようですね。欧米文化学科の英語の授業では、ジュリアさんはクラスで一番発言をしていたのですが… I always feel lost and lonely... なんて言っていますが、さて、その後のジュリアさんの留学生活は!?次回もお楽しみに!

Julia with her teacher.JPG
posted by Obeikun at 13:23| 埼玉 ☔| 欧米文化学科学生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

映画『さざなみ』アフタートーク・イベントのお知らせ

201612Sznm01.jpg

聖学院大学欧米文化学科の氏家理恵(うじいえりえ)先生による映画解説のイベントが開催されます。

作品:アンドリュー・ヘイ監督『さざなみ』(英 2015年)
日時:12月25日(日)14:00の回終了後
場所:彩の国さいたま芸術劇場映像ホール

2016Sznm02.jpg

20161217105655267_0001.jpg

場所と映画の詳細はこちら
http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/3724

AM
#氏家理恵 #さざなみ #彩の国さいたま芸術劇場 #アンドリュー・ヘイ #映画
posted by Obeikun at 14:30| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「入学前準備学習」〜入学前から始める聖学院の学び〜

IMG_0275.jpg
今日は「入学前準備学習〜入学前から始める聖学院の学び〜」の風景です。
入学を予定している高校生・留学生のためのプログラム。
グループワークをつうじて大学を知ってもらうための企画です。

IMG_0249 (1).jpg
今日は第2回目。
高校生・留学生の入学予定者のみんなは集まっているかな???

IMG_0253.jpg
大盛況!
聖学院は入学前から学生生活をサポートします!

IMG_0254.jpg
先輩の学生がスチューデント・アシスタント(SA)として面倒をみてくれます。

IMG_0260.jpg
共同作業でコミュニケーション能力もアップ!

IMG_0257.jpg
会場は熱気にあふれています。

IMG_0256.jpg
入学予定者のみなさんが互いに知り合いになり、先輩とのつながりもできました! お疲れさまでした!

次回は1月28日です。

#ラーニングセンター #入学前 #高大接続
AM
posted by Obeikun at 14:01| 埼玉 ☔| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

小学校教員を目指す学生たち!英語を頑張る!!

IMG_4893.JPG
2020年から小学校英語が教科化されます。
世の中の関心も高く、現場の先生がたも一生懸命です。
明日開催される「聖学院大学小学校英語指導者養成講座」も満席のようです。
IMG_4847.JPG
本学の小学校教員を目指す児童学科の学生は
教科化を踏まえて刷新されたシラバスによって学んでいます。
今年度はオリジナルテキスト『小学校英語「はじめる教科書」』を使い
1年かけて理論から実践までを網羅します。

そして、今日の授業は学生たちが5年生の児童になって
Show and Tellを行うパフォーマンス発表会でした。
自作のコラージュを見せながら、自分の好きなスナック3つを
英語で紹介します。例えば基本はこんな感じです。
I like chocolate. I like potato chips. But my favorite snack is gummy candy.
英語表現は難しくありませんが、コラージュを見せながら笑顔で
発表するのは簡単ではありません。

さらにパフォーマンス評価という、新しい評価方法により
立ち位置から姿勢、声、顔の表情、目線、英語、コラージュのもち方など
一人ひとりを全員が細かく評価して話し合いが行われます。

笑顔いっぱいに発表していますが、実際はかなり緊張の様子。
子どもたちの気持ちがよくわかったとか。
学生たちには1月から英語だけで行う模擬授業が待っています!
これがかなりキツイらしいです。
指導案の段階でOKが出ずに何度も書き直しがあるという噂です。
がんばれ!
IMG_4879.JPGIMG_4884.JPGIMG_4874.JPGIMG_4878.JPGIMG_4870.JPGIMG_4867.JPGIMG_4864.JPGIMG_4854.JPGIMG_4861.JPGIMG_4852.JPG<
IMG_4896.JPG

#小学校英語 #児童学科 #小学校教員 #小学校英語教科化
posted by Obeikun at 18:00| 埼玉 ☔| 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の寒い日はコーヒー? それともココア?

IMG_0206.jpg

12月ももう半ば。ずいぶん寒くなりました。

そんなとき恋しくなるのがホットドリンク。
さっそくコンビニに向かいます。

IMG_0181.jpg

授業時間なのでちょっと空いていますね。
休み時間は行列ができるので今がチャンス!

IMG_0182.jpg

冬の寒い日はコーヒー?それともココア?

IMG_0210.jpg

今日はコーヒーです。ついでにチョコも買いました。
カラダもココロも温めて、残りの授業もがんばるぞ!

AM
posted by Obeikun at 14:05| 埼玉 ☔| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

特別支援学校の先生を目指して!

IMG_4799.JPG
2年前の卒業生が研究室を訪ねてくれました。
彼女は中高の英語科教諭の免許状を持って卒業しましたが、
在学中から特別支援学校の先生になりたいと思うようになり、
卒業後は支援が必要な子どもたちのための施設で働きながら
通信教育を受講していました。

そして、今月全単位を取得し、申請のための書類を取りに来たのです。
働きながらの勉強は大変だったと思います。

4月からは特別支援学校での勤務になるでしょうが、
現場では英語の免許もきっと生きるはずです。

頑張っている卒業生に会うと私たち教員も元気になります。

#卒業生

posted by Obeikun at 10:34| 埼玉 ☔| 就職・卒業生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

Christmas Music (Part 2)

Hjo14qVdBTbtazuBlRx0.jpg


[See the former article "Christmas Music Part 1" !]

Alternative versions of familiar Christmas songs, in particular instrumental versions, would also be welcome. My own particular favorite in this vein is The New Possibility: John Fahey’s Guitar Soli Christmas Album, an example of so-called American Primitive guitar, a kind of fingerstyle guitar playing pioneered by John Fahey that blended forms of folk tradition, Indian raga, Japanese koto, country / blues music, etc.

Listening to John Fahey play well-known Christmas songs (and some not so well-known) is to hear them as if they were new, as if one was hearing them for the first time: arresting, dignified, majestic. These songs would certainly make shoppers stop in their tracks to listen, be moved, and to forget about shopping for a few minutes (at least).

Finally, I would suggest one of the late Vince Guaraldi’s seasonal albums of music for the Peanuts animated films for television, based on the characters of Charles Schultz’s famous comic strip of the same name−A Charlie Brown Christmas by the Vince Guaraldi Trio, for instance. Guaraldi’s jazz compositions swing and convey both happiness and sadness at the same time, the bittersweetness of life.

One can’t help feel a little more cheerful, more nonchalant, listening to such tracks as “Christmas Time is Here,” and to be struck by the differences in the instrumental version of the song and the version in which the lyrics are sung by children. The music strikes a deeper chord that the usual shopping music does, and makes one a little more thoughtful at the end of the year as Christmas slips away and the New Year beckons.

The New Possibility: John Fahey’s Guitar Soli Christmas Album:
https://www.youtube.com/watch?v=4fw5WXJh01c&list=PLKiEBsOXrNf4Gk_puDBafCP0RvmU06WeZ

The Vince Guaraldi Trio: “Christmas Time is Here” (instrumental):
https://www.youtube.com/watch?v=YvI_FNrczzQ

The Vince Guaraldio Trio: “Christmas Time is Here” (vocal):
https://www.youtube.com/watch?v=4PzetPqepXA

(KA)
#クリスマスソング #Christmas music
posted by Obeikun at 16:22| 埼玉 ☔| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第10回聖学院大学英語スピーチコンテスト

IMG_0230.JPG
今日はチャペルで英語スピーチコンテストが行われました。
欧米文化学科から5人が出場。
結果は以下のようになりました。おめでとうございます。

学長賞  小柳 結さん 3年生  Give Us a ChanceIMG_4817.JPG

英語教育委員長賞 チュアン トゥアン ギアさん 2年生 Where Different Views Can Meet
IMG_4830.JPG

国際部長賞  比嘉七海さん 3年生 So Many Men, So Many Minds
比嘉さん

国際部長賞 ジャムヤンさん 2年生 Another's Happiness Can Be Your-Happiness
小柳さん

健闘賞      高須賀慶太さん 1年生 Love Others As You Love Yourself
IMG_4826.JPG

IMG_0236 (1).JPG

#英語スピーチコンテスト

posted by Obeikun at 14:26| 埼玉 ☔| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

12月17日小学校英語指導者養成講座本日締切です!

IMG_3749.JPG
第16回聖学院大学小学校英語指導者養成講座(12月17日)は本日締切です。
今回も全国からたくさんのお申し込みをいただいております。
土曜日の午後、クリスマスのデコレーションが美しい聖学院大学で
充実した時間をお過ごしください。

こちらからお申し込みください。⇩
http://www.seigakuin.jp/index.php/events/ll_learn/j_english/

#小学校英語 #小学校英語養成講座 
posted by Obeikun at 10:56| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

模擬授業には先輩が生徒役で参加

IMG_4786.JPG
欧米文化学科では中高の英語教員免許状が取れます。
英語科教授法では、3年生が来春の教育実習を前に
ICTを活用した授業から様々な場面を想定して模擬授業を行っています。
今週からは4年生が生徒役で参加しての模擬授業です。
これは欧米文化学科の伝統で、毎年4年生が後輩を鍛えて卒業してくれます。
彼らも1年前はハラハラさせられましたが、逞しくなったものです。
4月からは生徒思いの素敵な英語の先生になってくれるでしょう。
IMG_4791.JPGIMG_4792.JPG

#教育実習 #模擬授業 #欧米文化学科 #英語科教授法 #教員免許状 #英語の先生
posted by Obeikun at 10:34| 埼玉 ☔| 学科の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

Christmas Music (Part 1)

Hjo14qVdBTbtazuBlRx0.jpg

In the U.S., well before Christmas Day, shopgoers are incessantly bombarded with the same old tired Christmas songs that have been played for years by retailers at Christmas time to induce customers to buy more presents: “Rudolph the Red-Nosed Reindeer,” “Frosty the Snowman,” “Santa Claus is Coming Tonight,” “Jingle Bells,” etc.

A friend of mine who works at a Michaels store (holiday decorations, gift cards, crafts and hobbies, etc.) in New Jersey says the constant din of Christmas music being played in the workplace every day drives her crazy. If Christmas music must be played, can’t it be a different kind of music than the same hoary old chestnuts that are played in stores every year? I would like to offer three examples of the kinds of Christmas music that I (and many others) would prefer to listen to.

Traditional songs like “Gaudete” would be a welcome change from the usual Christmas fodder. “Gaudete” (which means “rejoice” in Latin) is an old Christmas carol composed in the 16th century or even earlier. Both the melody and the Latin lyrics are thrilling to hear and can give you goosebumps. The a cappella version by the British folk group Steeleye Span is a great version of this carol, although other groups have performed it as well. There are other such haunting traditional songs like this one that could also be used to lift the spirits at Christmas.

Gaudete by Steeleye Span:
https://www.youtube.com/watch?v=lN9AJj9rtlk


To be continued (KA)


#クリスマスソング #Christmas music #Gaudete #Steeleye Span
posted by Obeikun at 16:34| 埼玉 ☔| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧米文化学科もクリスマスカラーに

IMG_0195.jpg


アドベント(前回の記事)に入ると欧米文化学科のフロアもクリスマスの飾り付けをします。


IMG_0188.jpg
教員のオフィスがある8号館2階はクリスマスツリーの森です。

IMG_0194.jpg
エレベータ前の掲示板も。

IMG_0199.jpg

IMG_0198.jpg
かわいいアドベントカレンダー! 先生のオフィスのドアに飾られています。

IMG_0200.jpg
ツリーの足下にはプレゼントが置かれます。


聖学院大学(SEIG)欧米文化学科
AM

#クリスマスツリー #プレゼント #アドベントカレンダー #
posted by Obeikun at 10:49| 埼玉 ☔| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

卒業生との再会

欧米ブログ用写真(氏家)161108.jpg
先週、4年前に卒業したゼミ生2人と会いました。一人はWebライターの仕事をしていて、2年ほど前に個人事務所を立ち上げていましたが、この秋からWebライターを数人募集し始めたそうで、もう一人に声をかけて手伝ってもらうことになったとか。ゼミ生から卒業後も連絡がもらえるのはうれしいことですが(しかも、一人は新幹線日帰りで大宮まで来てくれました)、ゼミ生同士が卒業後もつながっているのを見るのはさらにうれしい限りです。
posted by Obeikun at 08:00| 埼玉 ☔| 就職・卒業生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

図書館ワークショップ「自分の好きな本のPOPを作ろう!」2

IMG_0076.jpg
前回の「図書館ワークショップ:自分の好きな本のPOPを作ろう!」の続きです。今回は図書館で実際にPOPを作っている制作風景です。
今日の先生は図書館の司書(ししょ)の方。

IMG_0082.jpg
制作スタート!どんなPOPにしようかアイデアを練ります。

IMG_0085.jpg
必要な道具は揃っています。

IMG_0088.jpg

IMG_0084.jpg
キャッチコピーを作るため本のあらすじもう一度確認!

IMG_0091.jpg
下書きから集中!時計を横に置いて時間との闘い。間に合う!?

IMG_0094.jpg

IMG_0095.jpg
!!!!! お見事!!

IMG_0098.jpg
できあがったらPOPを発表していきます。

IMG_0099.jpg

IMG_0106.jpg

IMG_0104.jpg
みなさんお疲れさまでした!

聖学院大学(SEIG)欧米文化学科
AM


#図書館 #ワークショップ #POP広告
posted by Obeikun at 08:00| 埼玉 ☔| 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。