2016年03月04日

オーストラリアの「動物警報」

オーストラリアと言えば、コアラ・カンガルー・カモノハシなど南半球特有のかわいい動物たちを思い浮かべますが、実際に住んでみると動物に悩まされることも多いようです。ブリスベンの「動物警報」について小林あゆみさんがレポートしてくれました。

2月に父と妹がブリスベンに遊びに来てくれたので、二人と動物園に行きました。オーストラリアの自然や動物に出会うことができ、久しぶりに再会した家族と有意義な時間を過ごしました。

ところで、先日、私の住む地区で動物警報が発令されました。fighting ants、日本語でヒアリという赤アリの一種で刺されると痛みやかゆみがでるどう猛なアリだそうです。オーストラリアではこういった動物情報を州政府がFacebookでも流します。夜は人間が住むところでも大きなコウモリが飛び交い、ポッサムが電信柱を渡っている姿を見かけます。様々な動植物が存在する分、それらの危険性も理解しておく必要があることを学びました。


      ブログ1.jpg   ブログ2.jpg   ブログ3.jpg
posted by Obeikun at 16:05| 海外研修・留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。