2016年01月18日

オーストラリアでの年越し

オーストラリア、ブリスベンに留学中の小林あゆみさん(4年生)が真夏のクリスマスと新年の様子をレポートしてくださいました。

大変遅ばせながら明けましておめでとうございます。新年いかがお過ごしですか?私は真夏の太陽の下、クリスマスとお正月をお祝いしました。

クリスマスは幼稚園時代を共に過ごしたオージーの友達のクリスマスパーティーに加えていただきました。オーストラリアではクリスマスは家族で過ごすのが一般的で、私も彼女の家族や親戚の皆さんとビーチでBBQ…南半球ならではのクリスマスを味わいました。家庭によって異なると思いますが、プレゼント交換に約2時間かかったのは驚きでした。全員が1人1人にプレゼントを用意するそうで、1人で15人分以上用意するのも当たり前だとか!今年は私の所にもサンタさんが来てくれました。25日の夜は皆で丸くなり、聖書を読んでお祈りした後、家族の長であるおじいさん、おばあさんに1人ずつ感謝の気持ちを述べるという時間がありました。私もお二人のことを小さい頃から知っていたので、涙が止まりませんでした。まさかクリスマスであんなに号泣するとは!素敵な3泊4日のクリスマスパーティーでした。

お正月はカウントダウン花火を見て年越しをしました。プラネタリウムでよく話題に上がる南十字星も見られました!!花火は綺麗でしたが、終わると皆さん一斉に帰り出し、年越しには思い入れがないようでした。こちらの人達は、どちらかというとクリスマスの方を大切にしているようです。オーストラリアの食材を使って、おせち料理を作ってみよう!ということでお重もありませんでしたが、今年も年越し蕎麦、おせち料理、そしてお雑煮も食べることができ、新年いいスタートが切れました。

暑いクリスマスとお正月を過ごしましたが、個人的には冬の寒さの中でお祝いしたいなあと改めて思いました。年を越した感覚が未だにないくらいです。とにかく今は冬が恋しいです。東京で初雪を観測したと聞きました。インフルエンザには気をつけて、元気にお過ごしください。


ブログ1.jpg  ブログ2.jpg  ブログ4.jpg


posted by Obeikun at 20:54| 海外研修・留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

シアトルのクリスマス

アメリカ、シアトルのコミュニティーカレッジに留学中の金子弘くん(4年生)がアメリカのクリスマスの様子をレポートしてくださいました。

 寒い…寒すぎる。ということで、僕は今シアトル南部にあるケントという町に来ています。ここは夏の間は非常に天気がよく、生徒も自主休暇を取って旅行にいく程。友達によればシアトルにくるならこの時期が一番良いそう。対照的に、冬の間の気温は日本とさほど変わらないものの、雨が大変多いこともあり、とても寒い場所です。
 しかし冬のシアトルには、みんなで盛り上がれるようなイベントがたくさんあります。激安の品を求めて人々が大挙するブラック・フライデー、クリスマスツリーの点火式、大晦日のシアトルのシンボル「スペースニードル」にて行われる花火大会等々。ひとまず今回はクリスマスのアメリカについてご紹介します。紹介するのは、ワシントン湖を挟んでシアトルの向かいにあるベルビューという町のクリスマスです。ここでは、クリスマスになると楽団が街中を練り歩き、音楽とダンスを披露してくれます。町は光と雪を模したフォームに満たされ、とても幻想的な風景を僕たちに見せてくれます。僕がここを訪れた日は生憎の雨模様でしたが、それでもクリスマスを楽しむ人々で賑わっておりました。

金子写真.jpg


posted by Obeikun at 16:38| 海外研修・留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。